前へ
次へ

町田の一戸建てから魅力を探す

町田の一戸建てに住んでいて、町田の魅力を知るには、町田の歴史から知るなんてこともおすすめです。
現在の町田市は江戸時代では武蔵国と呼ばれる場所でした。
それは有名な大化の改新(645年)により、当時の政権が多くの国に分けたことがあり、武蔵国と呼ばれるようになったのです。
1335年は町田村の村民の多くが、耕し、開拓して、原町田村と名付けました。
そののちに町田村は村名を本町田村にしました。
町田の一戸建てに住んでいるだけでは分からないこともたくさんあります。
町田市と呼ばれるようになったのは、1958年に町田町と堺村、忠生村、鶴川村が合併して、町田市になりました。
参考までに合併当時は61105人の人口でした。
今では400000人を越える、巨大な街にまで成長したのでした。

町田の一戸建てと町田のチーム

町田の一戸建てに住んでいて、町田に関して調べてみました。
すると、様々な有名人が町田市の出身であったりで驚きました。
小説では直木賞を受賞した、三浦しをんさんの「まほろ駅前多田便利軒」と呼ばれる小説があります。
この小説そのものの中には、町田市を舞台にしたとは書かれていないのですが、町田市をモデルにしたのではないかと言われています。
町田の一戸建てに住んでいて、町田のことをあまり知らないのではなんだか損な気がします。
町田には、プロのスポーツチームがあります。
サッカーの町田ゼルビアや、ペストガーラ町田(Fリーグ)、そしてキャノンラグビーフットボールクラなどがあります。
自分の好きなチームが自分の街だったら嬉しいですよね。

Page Top